好きなことを、楽しもう

アラフォーナースの徒然日記

今ある当たり前は、当たり前じゃない

タイトルでなんぞや?ってなると思いますが、まずはこの写真をご覧ください。 f:id:sumiimai3:20210619173922j:plain  

この恐竜は、遠賀にあるふれあいの里公園に生存していましたが…

f:id:sumiimai3:20210619174006p:plain

すっかすかな今どき遊具に!化石になりました(骨だけに!)

コロナ禍で、

「行きたい所をピックアップして、たくさん旅行しとけばよかった!」

「あの居酒屋さんにいっとけばよかった!」→行かずじまいで閉業していた…😱

等、後悔することは山ほどあり。。 それでも中々腰が上がらない毎日。。 スマホに貼り付いているせい?

仕事が忙しいせい?

なんか病気? 

 

いやいや・・

 

私も かくれ貧血かも? 

 

前回、こんな記事をアップしました。

 

sumiimai3.hatenablog.com

 

 

紹介した本は買いました☆現在読んでいます。

 

この方はうつやパニック症は鉄不足が関係していると書いてあります。

実際に、うつやパニックがある方に鉄剤を処方して治療すると、

 

パニックが治り、外出できるようになった!

育児や家事が楽になった!

 

と数々の症例が紹介されています。

 

それすごいね!!

 

病院にいくのは腰が重いので←

アイハーブで早速サプリをいくつか購入!!

届いたら紹介します。あと、毎日のんで、効果はどうかレポートしますね!

あと、鉄不足と風邪の関連はまだ結びつけられていないので、今回は書きません。

 

ただ、この書籍の中で見つけて衝撃を受けた1文。

フェリチン(これも貧血と関係するデータの1つ。簡単にいうと、貯蔵されている鉄の数です)

 

このフェリチンが40以下だと、欧米では妊娠することを認めていない

そうなんですよー!

 

なんだってーー!!

 

なんでも欧米では、鉄不足を解消するために、食品に鉄を付加するらしいです。

日本は全く対策なし。

昔、ひじきは鉄が豊富でいい、とされていましたが、なんとあれ、

鉄鍋で調理するから鉄が豊富だったとか!

現代は、なにはともあれ、フッ素加工。

鉄鍋、私もフライパンはありますが、手入れの大変さから使用していません。

そして若干加工されている…なんてこった。

 

著者の藤川先生によると、サプリメントに頼っても良さそうです。

レッツ鉄活!(鉄分摂取活動)

 

今回のまとめ!

・したいことは、計画を立てて、すぐ行動!(コロナ禍は配慮しよう)

・鉄不足が、慢性的な疲労の原因かも??

・レッツ鉄活!